delete

部族回帰

( 前回より続く )
儀式の後、会場となった海岸から一度離れ、古くから友達でRAINBOW WORKSというス
テンドグラスのサンキャッチャーを作ってるナガイんちまで戻り、互いの娘たちとおじい
達ともども夜おそくに再び出直した。
今回のもう一人のメインゲストである、このおじい達、内田ボブさん達のライブが始まる
からね。
ボブさんたちはこのイベントの始まりの4月26日にも西伊豆の方で詩人のナーガ(長沢
哲夫)といっしょに、その時は早朝にライブを行ったらしい!
で、今度はギターのこまっちゃんと夜中の12時過ぎてからが出番!
このイベントの主催者はMarquee Djomulaと言うレッキとした若い日本人(笑)で
、オーストラリアのアボリジニたちといっしょに修行したとプロフィールにあるが、長老
の扱いまで学んでこなかったのか(笑)、それともむこうの長老たちは今時の若いもんよ
り、よっぽどタフなので、年寄り扱いをさせないのか(笑)?(ぼくが行くビッグマウン
テンでも年寄りはみんなタフだもんな!)
そんな訳で長老未満の中老くらいのボブさんたちは、こんな早くやこんな遅くにいままで
ライブをやった事がない!と、ペース配分と酒飲むタイミングに苦労していた(笑)
そもそもけっこうパーティノリのこのイベントに何故? 知る人ぞ知る、われらがボブさ
んが今吉エカシやアイヌ・アートと並んでスペシャルゲストとして呼ばれたか、と言うと
去年ホクレア来航に向けて出したアルバム「ヤポネシア・フリーウェイ」がきっかけだっ
たらしい。
このアルバムは’06年の秋、瀬戸内海を西から漕いで来た瀬戸内カヤック隊とゴールの祝
島にて労うべく、いっしょに駆けつけたボブさんのその夜の海賊?コンサートの盛り上
がりから、祝島や横断隊や、そしてやってくるホクレア号に捧げようと、そんな流れで
出来たもの。
タイトルとなった「ヤポネシア・フリーウェイ」というのはボブさんがまだ美青年だった
(本人談)’70年代に暮らしていた西表島時代に作った曲名だ。
ボブさんたちは’60年代終わり頃から、詩人のナナオナーガ山尾三省さん、ポン
さん
、そしてアメリカ亀の島のビート詩人ゲイリー・スナイダーたちと物質文明社会
からドロップアウトして各地に共同体(コミューン)を築いた。
南西諸島や信州の麓、また東京は中央線沿いに部族的な社会を夢見、実践し、自らも
”部族”
と名乗る。それらのコミューンは当時の日本より世界を放浪する海外のヒッピー
たちには有名だったらしい。
その当時夢見た、いつか日本列島ヤポネシアのかしこに、そんな自由なムラが生まれ、そ
の村々を自由に行き来する世代や仲間たちが生み出す新しい時代、そんな新しい自由な生
き方が現れる!
それを歌ったのがこの歌だと、前にボブさんから聞いたことがあった。
でもそれは、かつてあった、この島々の真の自由さへの賛歌でもあるのだろう。
因みに、ヤポネシアというのは、特攻から帰った後、文壇で活躍した島尾敏雄さんという
文学者が創った造語で、日本を国家としてではなく、ポリネシアやミクロネシアのように
、北は千島列島から南は南西諸島まで無数の島々が弓状に連なる様をイメージさせる言葉だ。
Marquee もどこかでこのアルバムに出会って、そしてこのタイトルと歌にしびれたんだ
な、きっと!それで、わざわざ南アルプスの大鹿村のボブさんちまで出向いて、そしてこ
の祭りへの出演を口説いたらしい。
Marquee グッジョブ!!
80502c.jpg
さて、いよいよ御大ボブさんの歌がはじまるので、”特設”ステージに向かう。
カムイノミを行った場所の後ろ、大きな岩の重なり合ったところに小さな入り口があり、
そこから四つん這いになって中に入ると、先の方から明かりが見える。
そのまま腰を落として進んでいくと、ぽっかり!大きな洞窟が現れた。
以前、何度かこのあたりまで来たことあったけど、全然こんな洞穴があるなんて知らな
かった!
中では火が焚かれ、けっこうな人がいて暑い。今夜は儀式の後、DJとライブが一時
間毎に行われているらしく、この後も朝、日の出まで続くとか。
いや〜、これはスゴい空間だ! マザーアースの子宮。ラスコーかアルタミラ洞窟か? 
これだけでも、んん〜、、違う次元にいきそうだ〜。
80502d.jpg80502e.jpg
80502f.jpg
♪HO〜 HO〜 HO〜O HO〜
おおっ!ボブさん、ライブ初っぱなは、「ワシの歌」からはじまった!!
若き日、アメリカインディアンのメディスンマンの祈りの言葉を綴った本の1ページが
ある時、手元にやってきて、そのページと共に永年旅を続けたらしい。
その詠み人知らずのその言葉は、いつしか歌となる。
その詩にはタイトルはなく、どこにもワシの歌とは書いていない。最初は「トンビの歌」
としてカセットテープで世に出した。
ビッグマウンテンが何度目かのデッドラインを迎えた時も、ディネ・インディアンのメ
ッセンジャーと共に各地の集まりで、そして聖なる山を目指した祈りのウォークの時に
も、この歌をいっしょにみんなで歌ってきた。
いつの日かこの歌を亀の島に還したいと言ってたボブさんだが、この時ビッグマウンテン
でエルダー(長老)たちを前に歌っている。
その祈りの歌が洞窟のなか、前に大きく開けた方側に見える海に向かってこだまする。
80502g.jpg
ステージの両脇には、始まりの儀式に添えられたイナウが置かれている。
♪地の道に捧げ 水の道に捧げよう 火の道に 捧げ 風の道に捧げよう
 母なるものの道に捧げよう そのこころ あくることなく そのこころ♪
ちょうど、歌って欲しいなと思った「赤石御岳」が聴けた!
おおっ!シンクロニシティ!冴えてる!
♫解放〜されよ!♪ 
Tシャツに描かれたFREE TIBET ! の文字がまたシンクロする!
80502h.jpg
スウェットロッジでもそうだが、こんな空間にいると本当にどこか深いところに刻まれて
いる記憶が呼び起こされるようだ。
子どもたちも深夜を過ぎて、半分眠りながらも、半分は興奮しているみたい。
♪熊野よ 熊野よ 帰っておいで〜 いつでもいいから帰っておいで〜♫
彼女たちがあらかじめリクエストしていた、小さい時から聴いている、お気に入りの歌が
始まるとうれしそうに口ずさんでいる。
ほんと、ボブさんの歌はいい〜!
80502i.jpg
そして、エンディングはもちろん!
ヤポネ〜シア フリーウェイ♪
ヤポネ〜シアフリーウェイ♫ ヤポネ〜シアフリーウェイ♪ ヤポ〜ネシア〜♫
おなじ屋根の下に おれたちはいるの〜 おなじ潮の道に ヤポ〜ネ〜シア〜♫
80502j.jpg
そして、会場全体が立ち上がって揺れだした時、あらわれた!
これは四国に本部?のある褌学会だが、本部の幹部連中?は、今回、伊豆の踊り子と称
して前半に現れて、ボブさんとナーガの早朝ライブのラストに見事その本懐を遂げて、
無事四国に引き上げていったらしいが、彼らはMarquee以下、今回のスタッフたち若手
きれいどころの踊り子たちだ!
最近、褌学会の布教も派手で、嘘か?ホントか? 麻フンを履いていないとUFOに乗り
遅れる!らしい?という流言まで巷では飛び交いだした!(ヤバい!まだデカパンだ!)
以前遭遇した時は、神戸のおしゃれなスペースでの褌ダンスだったので、おもいっきり
浮いてたけれど、この時はおそろしいほど見事!?に決まっていた。
褌学会幹部に仕込まれてはいるだろうが、いましがたの今吉エカシの教えも受けて、時
計回りにぐるぐる回り回る。褌学用語では、この状態を褌スパイラルというらしい!
♫プルトニウムの花 プラスチックな心 この道に入れるな ヤポネシア〜♪
♪バカもリコウもみ〜んな この潮の流れ もまれながらゆ〜くのヤポネシア〜♫
佳境に入り、洞窟内のウズがぐるんぐるん加速していく。
ヤポネ〜シアフリーウェイ♪ ヤポネ〜シアフリーウェイ♪ ヤポネ〜シアフリーウェ
イ♪ ヤポネ〜シアフリーウェイ♪ ヤポネ〜シアフリーウェイ♪ ヤポネ〜シアフリ
ーウェイ♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヤポネ〜シア♪ ヤポネ〜シア♪ ヤポネ〜シア♪ ヤポネ〜シア♪
もう最後はボブさん、まるで呪術師のように、ヤポネ〜シアフリーウェイを延々唱え続
けている! 顔が本当に、古代の坊さんだ〜(笑!)
洞窟の中、褌一丁の裸の男たちがウズを巻いて踊り狂う!
これぞ祭りの原点!
ヤポネシア部族回帰のシャーマニズムだ!
80502k.jpg
FREE TIBET ! FREE BIG MOUNTAIN ! FREE アイヌモシリ!
FREE CHINA ! FREE AMERICA ! FREE JAPAN !
FREE PEOPLE ! FREE YOUR MIND !
RETURN TO マザーアース!! RETURN TO マザーヤポネシア!!
*ホクレアに贈った「ヤポネシア フリーウェイ」に続く内田ボブnew CD「いのちの道の
上」いっしょに作りました! ナナオ、ナーガたちとやった’06アースデイのライブ映像
のDVDも付いています。ぜひ、聴いてください!!
http://www.slowturtle.net/yaponesia/index.html

delete

RETURN TO TRIBE

70521a.jpg
ポリネシアの古代双胴カヌー、ホクレア号がミクロネシアを経由してヤポネシア
を沖縄から北上し瀬戸内の祝島に現れたのは、一年前の5月20日だった。
ぼくらはシーカヤックに乗って海上で出迎え、祝島で4年に一度、もう1200年も
続いている海上神事、神舞(かんまい)で使われる櫂伝馬船と古代カヌーが出会
う様
を涙で霞ながら見つめていた。
いつか来るホクレアをぼくらの生きるこの海で迎えたいとシーカヤックを始めた。
その夢が叶った瞬間!
この時の感動は一年たった今でもまざまざと甦ってくる。
805hokutiki.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このGWの頃、伊豆半島の各所で興味深いイベントが行われた。
その名もRETURN TO TRIBE ”部族回帰”
ぼくは最終日にしか行けなかったけど、前半にはWPPDを機に親しくつきあってい
る若手アイヌのリーダー的存在、結城孝司さん始め、彼が代表をしているアイヌ・
アート・プロジェクト
の面々が来てカムイノミやライブをやって帰ったと聞いた。
アイヌ・アート・プロジェクトはアイヌの伝統外洋船イタオマチップの復元にも関
わる人たちで、去年ホクレアがゴールした横浜へも駆けつけてクルーを招いてカム
イノミも行った。
今回は会えなかったけど、結城さんとは今年の2月に久しぶりに泊まりがけでゆっ
くり近況を語り合った。
この時は彼が事務局長となって7月にアイヌモシリ(北海道はかつて、人=アイヌ
の住む大地=モシリと呼ばれていた)で行う先住民族サミットの話が中心となった。
その少し後北海道で行われるG8先進国サミットへのアンチテーゼとまではいかない
けれど、結城さんがポツリと言った「先進国の人間だけが、どうして地球の未来を
決めれるんだろう?」という言葉にぼくの知ってるインディアンの友達やホクレア
でやってきたハワイの人たちの顔が浮かんだ。
80404a.jpg
結城さんは映画「ホピの予言」上映を通じて活動するランド・アンド・ライフの辰
巳玲子さんの招きで4月にふたたび神戸のモダナーク・カフェにやってきてストー
リーテリングや先住民族サミットの事をいろいろ話した(上、写真)。
この時に聞いた話のなかで一番残っていること。
それは’94年からの第1次に続いて、’05年より国連の定めた「第2次世界の先住民の
国際10年」が始まり、国連が先住民の権利を尊重することを呼びかけた事に対して
日本政府も支持しているにも関わらず、アイヌをいまだ先住民として正式に認めて
いないということ。
それに関して、国会で質問を受けた福田首相が、
「我が国には、先住民の可能性のあるアイヌの人たちがいるというのは認識してい
る」と答弁した、という話だ。
やっぱり、あれかな? 認めてしまうと北方領土もアイヌの人たちに権利が生じち
ゃうから、なんだろうか? もちろん北海道も・・・??
さて、多分にその辺は政治のことなんで、わからんこともいっぱいあるわなー??
と思っていたら、最近、ネットから関連するニュースがいろいろ飛び込んできた!
詳しくは北山耕平さんのブログにもありますが、
北海道選出の超党派の議員たちが、アイヌを日本の先住民と正式に認定する決議採
択に向けて国会に提出する
という。
そしてそんな動きのなか、アイヌという、民族名ではあるが、いままで差別的にも
使われてきた名称を使わず、同胞という意味のウタリを名乗ってきた、北海道ウタ
リ協会が「北海道アイヌ協会」に名称を来春にも変更する
と。
また、正式に認定されるための儀式もアイヌの英雄シャクシャイン像の前で行われ
たという。
何かが動き出している・・・?、そんな予感?!
80502a.jpg
これは、GWの伊豆の下田の海岸で行われた、RETURN TO TRIBE、最後の夜のはじ
まりに行われたアイヌの儀式カムイノミの準備風景。
右端に座っているのがアイヌのリーダーの一人、石井ポンペさんで、ポンペさんとの
出会いは10年前に遡る。
いま日本の友人も何人か参加してアメリカ大陸を西から東に歩いている
LONGEST WALKの提唱者であり、アメリカインディアン運動の指導者のデニス・バ
ンクス氏が行ったSACRED RUN の’98 ランの時に、沖縄の喜納昌吉さん共々、ポン
ペさんはアイヌモシリの代表として関わり、ヤポネシアの南北からそれぞれインディ
アン達と走って鎌倉の由比ケ浜に到着した。
その時、ぼくらはラコタのスピリチュアル・リーダーでビッグマウンテン・サンダンス
の指導者でもあるチーフ・クロウドッグ氏と一緒に出迎えた。この時、デニスの作った
アイヌモシリ、ウルマ(沖縄)、ヤマトの名を入れたインディアンソングがエイサー隊
のドラムと共に太平洋へと響きわたった。近くの大仏様の前では、「神戸からの祈り、
東京おひらき祭り」
も行われ、ボブ・サム氏はじめ各地から集まった先住民の人たち祈
りが捧げられた。(おーっ、そうだった、平成10年10月10日だった!)。
ポンペさんとはその後、北海道ホピの丘で毎年行われるマザーアースフェスティバルに
ディネ(ナバホ)のチーフたちと参加した時にもお会いし、この時初めてアイヌ・アー
ト・プロジェクトの結城さん、早坂さんたちとも出会った。その縁が2004年夏至の
WPPD富士山にも繋がり、アイヌ・アート・プロジェクトともどもポンペさんにも来て
いただいて、祈りの輪の最初にカムイノミを執り行っていただいた。
今回ポンペさんの隣にいて、この儀式を執り行ったのがエカシ(長老)の秋辺今吉さん。
初めてお目にかかったが、フライヤーには90才!とあったが、とてもそうは見えない!
伝統的な衣装をつけてると尚更、太古の昔から抜け出して来たような、そんな雰囲気が
漂う。
ポンペさんが傍らで削る、カムイ(カミ)の依り代になる木を指して、
「これはイナウという、日本の神社で使う紙の御幣の原型なんだよ〜。紙が伝わる前には
元は木で作ってたんだよ〜。この木は柳で、柳は雨にも嵐にも倒れない木で、枝が流され
ても着いたところで根を張ってまた生えてくるから、永遠のいのちを象徴するんだよ〜」
と教えてくれた。
そして、カムイノミが始まったら、
「これは何千年も前から伝わる、古〜い古〜い祈りのカタチなんだよ〜。みんな憶えてお
きなさ〜い」
そうしてGRAND MOTHER FIRE アペ(火)フチ(祖母)カムイに祈りを捧げる。
日が暮れて暗くなった海岸に座り、いっしょになって独特の動作を真似ながら儀式に参加
していると、あたりの気配が変わっていくのを感じた。
今回のカムイノミは今吉エカシの夢に基づくものだと説明があったが、多分にそんなシャ
ーマニックな雰囲気が漂っていたのは、ニブいぼくでも感じ取れた。
80502b.jpg
カムイノミの後、踊りを披露され、「アイヌの踊りは左回り(時計回り)だよ〜。何故な
ら自然界には水の渦も貝殻もこの向きしかないからだよ〜。」とその独特の口調で丁寧に
アイヌの伝統を説いてくれ、自ら率先してまわりをウズに巻き込んでいった。
なんて言っていいか、、、今吉エカシ、存在感抜群! だったな〜!
( 続 く )

delete

母なる海で地球の日を祝う!

4月の19、20日、今年で2回目、山口県光市虹ヶ浜でアースデイ瀬戸内が開催
された。
昨年から実行委員というか、主にティピ建ての親方として参加している。もちろん
Tシャツ屋さんとしてもアースデイTシャツ制作のお手伝いもしてますよ!
ここは本当にいいところ!これぞ地球の日を祝うにふさわしい場所です。
目の前にはきれいなビーチと海!その先には祝島が浮かぶ。浜にはどこまでも続い
ているかのような松林。日本の渚100選にも選ばれてるのはうなずける。
これぞ白砂青松、日本の海辺の代表的な風景!ってところだけれど、’70年代初め
頃から瀬戸内沿岸では酸性雨による環境汚染とマツクイ虫の大発生で、ほとんどの
松林が消滅した中、ここの松は本当に立派だ。
その松林の中の広場と浜が2日間のイベント会場となる。
080419a.jpg
前日に、昨年に続きメインステージとなるティピを建てる。今年は北海道や神奈川、
大阪からもピースボートで繋がったという、六ヶ所村アースデイや北海道のSTOP
ROKKASHOをがんばってる若者たちがボランティアで駆けつけてくれた。
このくらいのサイズのティピとなると少なくとも5人以上でないと大変。
今回は風がなかったから良かったけど、それでも10mを超えるポールはけっこう重い。
みんなで声を掛け合って、力を合わせてこのアースデイの象徴ともなるインディアン・
ティピを建てることは、ある意味シンボリックなセレモニーでもあると思っている。
このティピはWPPD2004の時のメイン会場でも富士山をバックに建てられた思い出
深いものでもあるしね。
080419k.jpg
この大きなティピをバックにした「風のステージ」では、地元山口では有名な「やす
べえ」こと大谷泰彦さんの楽しいMCのもと、源の助さん、しす、SKATY&
CONCHI-SES
、JICK、マウンテンマウス、北九州からはDUB ROCKERS、熊本から
は昨年のホクレア号の歓迎イベントを献身的にサポートしたChasin’ Dragon、その声
量と歌でみんなを熱狂させた喜界島育ちのシンガー、東郷晶子さん等々、たくさんの
ミュージシャンや、ホクレア祝島来航でも活躍してくれた光賢治の学校の子どもたち
やフラメンコダンサーたちも参加。
なにより平和で、そして美しい環境を未来永遠に、というメッセージが会場の浜辺と
海に響きわたった。
080419b.jpg
昨年久しぶりにここで再会した彼女は、僕が通うビッグマウンテンにも度々訪れていた。
いまは山口にて家族で天然酵母のパン屋さんを営む。この日もステージで自慢の三線と
唄を披露。
毎回さっそうと着物を着こなす、その粋な後ろ姿には手刺繍によるSTOP ROKKASHO !
080419h.jpg
そしてSLOW TurtleのROCK THE ROCKASHO ! Tシャツを着ておどけるChasin’
DragonのSHUさんも。
080419d.jpg080419l.jpg
「虹 の広場」ではたくさんのブースが出店。即席薪釜ピザ、天然酵母パン、山口県
油谷町でつくっている手作りの塩、煙のでない優れもの炭の里山コンロ、スイーツ、
祝島ブースでは海水を薪で焚いて出来た塩を手に、無農薬米をおにぎりにして食べる
という体験も好評だった。
「長島の自然の守る会」共催のスナメリ資料館や、「原発いらん!下関の会」展示、
エスニックフード、廃天ぷら油で走る車、風力や太陽光発電で淹れたコーヒー、ヘン
プウェア、フェアトレードショップ、ジャグリング体験などなど。
080419g.jpg
今年のテーマは「みんなで呼ぼう!スナメリクジラ!」ということで、ビーチには
スナメリ監視塔が出現。
こどもたちが交代で双眼鏡で海をチェック。魚やスナメリを呼ぶという!?竹の笛
をホラ貝のように吹き鳴らし、今か今かとスナメリを待ち望んでいると、最終日に
なんと、本当にスナメリが現れた!!
080419f.jpg
「渚の遠足」では、ラフトボートやシーカヤック体験が。子どもたちも大人たちも
順番待ちしながらもこのきれいな海を感じていた。僕も少し漕がせてもらったけど、
本当に!美しい海。ここの松林同様、もう瀬戸内海の他の場所ではなかなか見るこ
とができない風景だと思う。
NO OCEAN ,  NO LIFE
アースデイTシャツにつけたメッセージだけれど、海が死ねばスナメリクジラも多
様な生きものたちも、そしてぼくらも生きていけない。
だからここに原発は造ってはいけない。
(ビーパルWEBに掲載されている着々と進行する上関原発予定地の写真とレポート)
080419j.jpg
(左、アースデイ実行委員長FUNKY マッチャンと内田さん)
アースデイ瀬戸内1日目のもうひとつのトリ、それは初日夜、近くのホテルの会
場を借りて行う「地球の話」。昨年は田中優さん。そして今年は、海洋ジャーナ
リストで、ホクレア号や瀬戸内カヤック横断隊でもお世話になってる内田正洋さ
んの「地球温暖化とシーカヤック」という話。これまた縁ある内田ボブさんの歌
を流しながら、昨年参加した瀬戸内カヤック横断隊のスライドとトークは、本当
に瀬戸内を東からGO WEST ! 、ここ目の前の祝島まで漕いだ時の感覚が甦り、
そんな旅するリアリティのなかで語りかける、自然に即したこれからのエネルギ
ーや文明の話は、希望あふれるビジョンとして、来場されたたくさんの人の心に
も響いたことだろう。
曰く『原子力から原始力へ!』
自然やいのちに負荷やリスクが大きすぎる原発はもう時代遅れだ。
080419c.jpg
Skaty & Conchi-Ses のNO NUKES ラップスタイル・ルーツレゲエ
「Inna Kaminoseki」の歌詞が今も頭に流れる。
KAMINOSEKI きれいな海 いつまでも いつまでも
KAMINOSEKI きれいな山 いつまでも いつまでも
KAMINOSEKI きれいな空 いつまでも いつまでも
KAMINOSEKI きれいな島 いつまでも いつまでも
080419i.jpg
偶然?にもフラの練習に来ていたようなフラ・グループのみなさんの優雅な踊りが
2日目、午後の浜辺で行われていた。
それを眺めていると、むこうに見える祝島に鎮座する神様に捧げる古式の舞のよう
な錯覚を覚える。
この目の前の海をホクレアも通っていったな〜。
2日間の晴天に恵まれたアースデイ瀬戸内。会場には近所に暮らすお年寄りから、
家族連れ、またライブ目当てに遠くからやってきたグループや国際色豊かな外国の
人たちなど。幅広い層の参加者がつどい、本当に、Think Globaly , Act Localy  
地に足つけて、地域とそして地球の環境を守ろうという想いあふれる、楽しくて、
そして素晴らしい2年目アースデイだったと思う。
来年はぜひ、
おいでませ〜、山口へ!(古!)
http://www.earthday-setouchi.net/