delete

Camp in 朝霧JAM   It’s a Beautiful Day

07asagiri01.jpg
10月4、5日に開かれるCamp in 朝霧JAM It’s a Beautiful Dayに今年も出店します。
http://www.smash-jpn.com/asagiri/
2001年より始まった朝霧JAMも今年でもう8回目。
思えば21世紀の、そして9.11の衝撃さめやらぬ時に富士山の麓のここ朝霧高原ではじ
まったんだな〜。
以来、毎年出店して富士山をバックにティピを建ててきた。
最初の頃は人も少なく、フジロックと比べるとなんとゆったりしたフェスなんだ〜!
と思っていたが、今ではテントの数もすごいことになっている。
でも、この富士山のふもと、高原の澄んだ空気に包まれて、朝一番のご来光や、時には
龍のような雲のすごさや、夕焼けに赤く、そして紫に色を変えながら輝くさまや、また
夜の満月に照らされる、そんな聖なる山の姿を拝みながら過ごす数日間はやっぱり格別
だ。
また、ここでの毎年の縁がつながって、2004年夏至の”World Peace &Prayer Day
せかいへいわといのりの日”
の会場となって以来、ぼくにはここがより特別の意味を
持った場所になっている。
そんなこともあって、毎年着いた朝には、その祈りの火が焚かれた場所で、セージを焚
いて、そして富士山にごあいさつをする。
自然の中、人が集い、音楽を楽しみ、踊り、歌う・・・、太古より続いてきたマツリは
、そんなネイティブのスピリットを呼び戻してくれる、と思う。
07asagiri03.jpg
そしてなによりこんな平和な時間をありがたく思う。
今年も美しい聖なる山が、そのお顔を見せてくれますように!
May it be a Beautiful Day !
H O !
07asagiri2.jpg

delete

足下にあるビッグマウンテン

リーマン・ブラザース倒産のニュースを聞いて、まっさきに思い浮かべたことは、
これはビッグマウンテンにとっては朗報じゃないか?ということだった。
いつだったか、ビッグマウンテンまで行ったウォークの後、今は亡きビッグマウ
ンテンの長老ロバータ・ブラックゴートがNYまで出掛け、たしか?ピーボディ
石炭採掘会社の筆頭株主だか、親会社だかなんかの関係でリーマン・ブラザース
本社の前で抗議集会を開いたことがあった。
この時、崩れ落ちる前のツインタワーの近くにあったリーマン・ブラザース本社
の前でロバータが語った言葉があった。
集まった支援者の一人から、どうすればビッグマウンテンを救うことが出来ます
か?と聞かれ、
「それぞれ自分の足下にある問題にしっかりと取り組みなさい。そうすればビッ
グマウンテンも救われる。」
と、たしか、こんな内容のことを言ったと記憶している。
2002年、ヒロシマ原爆の火を運ぶウォークの終着地、元ツインタワーのあっ
た場所に駆けつけて、近くにあったリーマン・ブラザースのビルを前に、ここに
ロバータばあちゃんが立って、祈ったんだよな、と思い出した。
そして、この時の言葉を改めて思い出した。
以来、ビッグマウンテンと深くつながるなかで、この言葉を胸にそれぞれの問題
と取り組んでいる。
 A l l  m y  r e l a t i o n s   !
以下、上関原発埋め立てに関するニュースです。
こころある多くの方にお知らせください!
________________________________
9月19日、山口県の瀬戸内に面する上関(かみのせき)町議会で、原発予定地
埋め立ての承認議案を、推進側議員が強行可決しましたが、それについて現地の
仲間たちから来たニュースやブログでの報告を了承の元お知らせします。
この数日の一連の山口県知事や県庁や上関町の姿勢が、いま回りからどう映って
いるのか?! それを広く知らしめ、そして直接問い続けることで、その姿を自覚
することに繋がるのではないでしょうか?
推進する方が実は少数派で、いまの時代においてすごく恥ずかしいことなんだ、と。
本当に上関町でも推進派が多数なら、集まった反対する250人もの人間以上の
数の人がこの議会の周りを取り囲んでいたはず。
原発や核施設に賛成する人はみんな知ってるでしょう。
海を売ること。金が優先した嘘の論理であること。放射能被害・・。
どんな人でも、そのこころは穏やかじゃないはず・・・。
青森でも、上関でも、各地の原発現地においても、もう絶滅に瀕した恐竜のように、
断末魔を上げる巨大怪物の姿が想像出来ます。
そんな真実の姿をマスメディアが伝えないなら、一人一人がオルタナティブなメディ
アとなって、広め、そして直接声を届けていきたいと思います。
START AGAIN !
ハル山口晴康
まだまだ上関原発予定地埋め立て中止の署名集めもよろしくおねがいします。
山口県知事に上関原発計画の公有水面水面埋立許可を出さないよう求める署名
http://eeknow.jp/ecoinfo/wp/?p=133
________________________________
ご支援者 各位
昨日の上関町議会ではさまざまなご支援ご協力ありがとうございました。
たくさんの方々のご協力で入手した議会傍聴券を託された者として、皆さまに
報告する(感想を伝える)責任があると考え、私のブログに「暴挙」としてア
ップしましたので、ご一読くだされば幸いです。
http://blogs.yahoo.co.jp/farm_ujimoto/44016880.html
今後ともご支援よろしくお願い申し上げ、お礼に代えさせていただきます。
☆★☆★ 万葉浪漫の島 祝島 ★☆★☆
橙屋 氏本農園 園主 氏本 長一
______________________________________________________________________
環境ジャーナリストの林将之さんより。
昨日のKRYニュースの動画はこちらで見られます。
http://kry.co.jp/news/news870341.html
ブログでも昨日の出来事や、10日の山口県庁の出来事は詳細に記録しています。
http://d.hatena.ne.jp/conokix/
______________________________
六ヶ所村ラプソディ監督、鎌仲ひとみさんが次回作の取材のため上関町議会にいました。
そこでの、あまりにもひどい実態を自身のブログで報告しています。
http://ameblo.jp/rokkasho/
____________________________________________________________
9月3日ー9日、海と川と平和を守るウォーク代表原康司くんの一連の報告
http://orange.ap.teacup.com/daiduk/
harakoji-thumb-400x300.jpg

delete

Ohma Meeting & Mag-Rock 2008 @asako-house 9/21(sun)

今年5月の終わり、初めて訪れた六ヶ所村から、同じ下北半島の最北端の大間(おおま)
にも行ってきた。
下北半島の最北端ということは、本州島最北端でもある。
大間はご存知!マグロで有名な港町。
でも、これからは違うことで有名?になるかもしれない。
ここに世界初のフルMOXで稼働する原発がいよいよ本着工すると現地の新聞トップに
出たからだ。この大間フルMOX原発では、通常のプルサーマル計画で使われるウラン
とプルトニウムを混ぜたMOX燃料よりプルトニウムの濃度を上げた!混合燃料を燃や
すと言う。これは世界では例を見ない初めての原発であり、毎日が高濃度プルトニウム
を燃やす実験を繰り返すようなもの。
なので世界で最も危険な原発となる!と言われている。
六ヶ所村の「花とハーブの里」スタッフの案内で、この予定地の中心でたった一人で
土地を売らず住んでいる人がいる、と聞いて訪ねた。
だんなさんが死んでから一人で漁業をやりながら土地を守り続けた熊谷あさ子さん
いうお母さんだが、数年前に亡くなり、いまはその娘さんの小笠原厚子さんが引き継
いでいた。

http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/kikaku/ooma/ooma_03.htm

8529oma1.jpg8529oma2.jpg
8529oma7.jpg
いや〜、ここはショックだった。予定地中心部にある家までの私道の両側に高いフェンス
が建設中で、ゆくゆくはその先端に高圧電流が流される予定だと。
もう僕が永年通っているインディアン居留地ビッグマウンテンの凝縮された世界だった。
厚子さんの明るさ強さも、もうネイティブの民だったな〜。
目の前の海で採ってくれたまだ動いているウニもあま〜くてうまかった〜!
8529oma3.jpg
電気もソーラーと風車で自給し、畑も作っている。
8529oma4.jpg
いまは函館に住んでるが、週の内半分くらいは来て住むという。
ゆくゆくは自給自足が少しでも出来れば、と笑っていた。
人にいっぱい来てもらって、手伝いも欲しいし、またいっぱい出入りしている状況を作り
たい、とも言っていた。
厚子さんに別れ際、「ここで頑張ってる事を山口県の祝島の人たちにも伝えます」と言っ
たら、「いつか行きたいと思ってます、よろしく言ってください」と言ってくれた。
8529oma6.jpg
本州島の端と端、また各地の原発現地もおんなじような仕組みのなか起きている。
この現実。
今回は会えなかったけど六ヶ所村原撚買収地にもたった一軒で住みついている小泉金吾
さん
もいる。
この金吾さんの本、「花とハーブの里」で買って読んだけど、ぜひ多くの人に読んで見
て欲しい。金吾さんにも今度ぜひ会ってみたいです。
下北半島はほんと、いろんな意味でインディアン居留地を彷彿させらた。
雄大な自然、人のネイティブな素朴さ、強さ、明るさ、そして悲しさ・・、
国や大企業に翻弄させられ続ける状況・・・。
エミシ征伐がまだ続いてるんやろうな〜、根っこの部分では・・・。
8529oma5.jpg
(ありし日の熊谷あさ子さん)
さて、そんな大間について、青森、PEACE LANDより最新情報到着!!
ぜひ、行ける方は本州最北端・大間へGO!!
magrock.jpg
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本州の最北端・青森県大間町に、世界初のフルモックス原発(ウランとプルトニウ
ムを混ぜた燃料を使う原発)の許可が下りて、2008年5月27日に工事が着工!
だけどこの原発の炉心から300mのところには、故熊谷あさ子さんが建てた「あ
さこはうす」と畑があって、今は娘さんの小笠原厚子さんが野菜を育てています。
そして津軽海峡に面した大間の海はみなさんご存知の大間マグロで有名だし、あさ
子さんが生前いつも言っていたように「大間の海は宝もの」というくらい海の幸に
恵まれたところです。
こんなに素晴らしい環境の地に原発!?食料自給率120%という青森県の第一次
産業は大丈夫なの?
しかも最近、この付近にも活断層があるんじゃないかと指摘する学者の方々もいる
んです。
だから大間に原発なんて「大間違い!」日本のエネルギー政策「大間違い!」日本
の環境対策「大間違い!」こんなまちがいだらけのこの国のやり方・・・。みんな
で声に出さないとヤバイことになっちゃうぞ!!ってことで「あさこはうす」にて
「大間ミーティング&Mag-Rock 2008」開催です。
みなさん、ちょっと遠いけど、秋の1日ドライヴがてら、友達さそって是非おいで
下さい。
日 時:2008年9月21日(日) 雨天決行
    11:30〜  トーク  澤井正子「大間原発 ここが大間違い!」
     13:30 &ライヴ 未定…でもお楽しみに!
    13:30〜15:00 抗議集会
会 場:大間 あさこはうす
料 金:無料(カンパ大歓迎)
主 催:「大間原発着工」Protest Executive Committtee
呼かけ:核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会
    ストップ大間原発道南の会
     PEACE LAND

delete

TATEYAMA SUN 69 FESTIVAL 『one earth』

small_poster_top2.jpg
SLOW Turtle Tシャツ置いていただいてる富山のSO FARさん
が中心となって、こんなステキなフェスが開催されます。
みなさん、ぜひ! HOLY MOUNTAIN、立山へ!!
2008年9月20日(土)〜23日(火)秋分の日(お彼岸)
    前夜祭19日(金)無料!
【会  場】富山県富山市 立山山麓家族旅行村
【参加料金】賛同金として1日でも4日間でも3000円
       (トークも映画もフリーです。)
      中学生以下 無料!ワークショップは別途必要です。
【主  催】:『ONE EARTH』実行委員会
 http://www.tateyamasun69festival.com/

delete

STOP !上関原発!緊急署名のお願い

07kaminoseki2.jpg
日本固有種の天然記念物で絶滅が危惧されているカンムリウミスズメの生息が確認
されたにも関わらず、埋め立て新規建設を強行しようとする山口県の瀬戸内側、
上関(かみのせき)原発への埋立許可を出さないよう求める署名のお願いです。
カンムリウミスズメの生息を確認した、現地で活動する「長島の自然を守る会」
代表、高島さんからの呼びかけです。
上関原発計画の公有水面水面埋立許可を出さないよう求める署名
http://eeknow.jp/ecoinfo/wp/?p=133
つながり@広島 サイトから署名用紙がPDFファイルとしてダウンロードできますの
で、ご利用ください。
オンライン署名もありますので、転送等、お知らせお願いします。。
ご協力、どうぞよろしくおねがいします。
明日(9/3)から始まる、瀬戸内の海と空と平和を守るウォークでも署名を呼びか
けながら歩きます!
________________________________________
みなさまへ
長島の自然を守る会の高島美登里です。
緊急署名のお願いです。
さる6月17日に中国電力が上関原発予定地である田ノ浦の公有水面埋立免許願書を
山口県に提出しました。
埋立許可願書には、国の天然記念物であるカンムリウミスズメの記載が抜け落ちてお
り、対岸の祝島の住民の死活問題を全く無視しているという、根本的欠陥があります。
今後、山口県知事の判断にすべてがかかっていますが、9月の上関町議会に地元意見
を諮問し、早い段階で判断をする可能性もあり、事態は急を要しています!!
ついては、大変緊急で申し訳ありませんが、下記趣旨をご理解いただき、全国・全世
界への署名依頼にご協力をお願いいたします!!
尚、電子署名も受け付けます。
集約日;1次集約 9月26日、2次集約 10月15日 です。
署名趣旨は以下のとおりです。
★上関原発予定地「田ノ浦」は世界に誇る自然の宝庫です!
世界で一番小さなクジラのスナメリが子育てをし、人類の祖先といわれるナメクジウ
オや珍しい貝がたくさん棲んでいます。
★国の天然記念物のカンムリウミスズメが生息!繁殖の可能性もあります!!
★カンムリウミスズメの記載が一切ない?!
 「公有水面埋立免許願書」の根本的欠陥埋立免許願書はカンムリウミスズメの記載
 が一切ないなど根本的な欠陥を持っており「埋め立てありき」の企業姿勢が如実に
 顕れています。
★田ノ浦の埋め立ては、祝島の人々の生きる権利を奪ってしまいます!
 田ノ浦の埋立は海を隔てて4キロの対岸にある祝島の「命の海」を奪い、そこに暮
 らす人々の生きる権利も奪います。
★私たちは山口県知事に、中国電力の埋め立て免許願書を、許可しないことを強く求
 めます。
長島の自然を守る会
代表 高島美登里
08iwaisimasign.jpg
(四半世紀以上にわたって続く原発計画に翻弄され続ける祝島。この看板から海を挟ん
で3,5k先が予定地。もし出来てしまえば毎日原発を見ながら暮らす、日本では例を見な
い所となるだろう・・・)