delete

おお、死の時代〜だけど おれ達の時代! だから

おお チェルノブイリ
*チェルノブイリ 苦いよもぎ 原子力発電
チェルノブイリ 苦いよもぎ 原子力発電
ウクライナの空 ウクライナの空
熱い風が 吹きのぼる
熱い風が 吹きのぼる
死の灰が 死の雨が
降り注ぎ めぐり広がるおれ達の
降り注ぎ めぐり広がるおれ達の
故郷の空 故郷の空
母なる大気の中に
母なる大気の中に
約束された死の呼び声
逃げ場のない人々は恐れおののき
牧場の牛 草喰う上に
マーケットに並ぶミルクに
黄金に実る小麦畑に
清流を行く魚の背骨に
死の影が しのびよる
おお 死の時代
おれ達の時代
国家のお偉方はまっさきに
安全食に心がけ
国民不安に落とさぬように
NHKニュースはさりげなく
我が国の危険ゼロ% 我が国の危険ゼロ%
広大なユーラシアの大地 家もなく
羊の群れと共にさまよい歩く
何も聞かされず 何も知らない
なすすべもなく 電気も使わない
遊牧の民よ
その信仰の道の上
その果てしない空の下
おお 死の時代 おれ達の時代
おお 死の時代 おれ達の時代
*(繰り返し)
母なる大地の上に
母なる大地の上に
深まりゆく秋よ
日々 色どりを変えてゆく
赤石の峰に 吹く風寒く
里は冬仕度 収穫の時
熊は ガサガサ餌を漁る
小枝を踏み散らしながら
森をさまよい歩く
谷間に響く 鹿の鳴き声
谷間に響く 鹿の鳴き声
誇り高い鹿たちの愛のままに
森と共に流れゆく
時には 地主に追い立てられて
時には 罠にはまりながら
時には 鉄砲に怯えながら
時には ダムに道を奪われ
誇り高い鹿たちの愛のままに
森と共に流れゆく
チェルノブイリよ
お前の死の灰は
誇り高い鹿たちの魂を
殺せるとでも 思っているのか
何たる うぬぼれよ
殺すことも 守ることも
お前にゃ出来ない
おお 死の時代 だけど おれ達の時代 だから
おお 死の時代 だけど おれ達の時代
*(繰り返し)
母なる乳房の上に
母なる乳房の上に
ミルクを飲むな 野菜を食うな
水を飲むな 空気を吸うな
数万の民は これからどこへ
子供抱え 行き場もない
数億の民は これからどこへ
偉大なる国家の名の下に
死の国へと向かう
母なる乳房に注がれる 死の雨
生まれ来るおれ達の子供らよ
この雨の中を歩くことしか出来ないんだ
この雨の中を歩くことしか出来ないんだ 
おお 死の時代 だけど
おれ達の時代 だから
兄弟よ 仲間たちよ
支度はいいか 準備はいいか
誇り高いお前の魂を
大空に捧げる時が来た
おれ達の生まれのままに
おれ達の生まれを超えて
おれ達の愛のままに
おれ達のいのちのままに
おれ達の自由のままに
谷間に響く 鹿の鳴き声
谷間に響く 鹿の鳴き声
誇り高い鹿たちの愛のままに
森と共に流れゆく
森の道 深く
森の道 深く
おお 死の時代 だけど おれ達の時代 だから
おお 死の時代 だけど おれ達の時代
     詩・曲 内田ボブ
1988年にリリースされた「おおチェルノブイリ」を内田ボブが歌っていた頃、
私はどこにいただろう? 
チェルノブイリのことを深く考えることもなく、バリ島で映画を撮っていて、内
田ボブという名前すら知らなかった。20年の時を経て、私はようやく「内田ボ
ブ」に出会った。
イラクーハンフォード(アメリカの核兵器工場)-ヒロシマ・ナガサキーボスニ
アと劣化ウラン弾や放射性物質で汚染された地帯を旅したその果てに私は六ヶ所
村に行きついた。地球の表面をめぐる長い道のりの後で、私たちが生きるヤポネ
シアの根っこを掘り下げる映画を撮ることになった。
ドキュメンタリー映画「六ヶ所村ラプソディー」はこの国の原子力発電が吐き出
す核廃棄物の行方と私たち自身の暮らしを描いている。
この映画の上映を通して、私は長年同じ問題に取り組んできた人々と出会うよう
になった。ボブさんの音楽と出会ったのは山口県の祝島だった。瀬戸内海をシー
カヤックで横断してきた男達を通じて初めて、私はその歌声を聴いた。
「ヤポネシアフリーウエイ」は海に生きる生き物達と一体化するような気持ちに
させてくれるアルバムだった。そして今回の「いのちの道の上」が同じシーカヤ
ックをあやつるハルさんから手元に届いた。
ボブさんが「おおチェルノブイリ」で歌っている歌詞を私たちは20年前より、
もっと現実感を持って聞くことができる。その歌声の明るさ、確かさ、豊かなイ
メージの喚起力。「おお、死の時代 おれたちの時代 その果てしない空の下 
死の灰が降り注ぎ、めぐり広がる、おれたちのふるさとの空 母なる大地の上に
・・」
2008年、この歌が再び装いを新たに世に出る意味を考える。これまでの社会
のメインストリームから遥か離れた自然の中で生きてきた音楽家のメッセージが
私たちに問いかけるものは何だろう? 
これまでのメインストリームが後生大事に掲げてきた価値観への根本的な問いか
けがようやく普通の人々にも届いてきたということではないだろうか?
内田ボブがこの世界を歌う、その目線ははるかに時代の先を行っている。
「死の時代だけど、おれたちの時代だから、兄弟たちよ、仲間たちよ、したくは
いいか、準備はいいか、誇り高いお前の魂を大空にささげるときがきた、おれた
ちの生まれのままに おれたちの生まれを越えて、おれたちの愛 おれたちの命
のままに、おれたちの自由のままに、」
ここに歌われているのは単なる反核のメッセージではない。もうひとつの価値を
生きる実践から生まれてきた言葉であり、次のまた次の時代にまで届くメッセー
ジなのだ。
原発や社会のありかたをテーマにしながら、こんなにも純粋で洗練された音楽を
私は知らない。20年後の今、めぐり合えた幸せを感じながらこのアルバムを聞
いた。しかもボブさんの声は20年前と変わらず若々しくチャーミングなのだ!!
次々と、普通の人々が自分たち自身のこれまでの生き方に疑問を感じ始め、もっ
と自然とつながりたいと望み始めた。そんな「おれたちの時代」にボブさんの音
楽を「解き放て」ば、後続の若い人々が、どんなに力づけられるだろう。
「死の時代」を「愛の時代」や「いのちの時代」に変えるのは私たちのこれから
の仕事になるのだから。
ボブさんの歌声からいのちの息吹が吹き渡ってくる。
映画「ヒバクシャ」「六ヶ所村ラプソディー」「ミツバチの羽音と地球の回転」
映像作家 鎌仲ひとみ
内田ボブCD「いのちの道の上」ライナーノーツより
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月11日に起きた、想像をはるかに超えた大地震、そしていまも続く未曾有の原発
大震災以来、忌野清志郎さんのタイマーズの当時、発売や放送が禁止となったアル
バム「COVERS」の反原発替え歌のサマータイム・ブルースや反核のLOVE ME
TENDERが再び話題となっています。
http://www.youtube.com/watch?v=aJdMa1VI0do&playnext=1&list=PLB849379A730A678F

その同じ頃の1988年、脱原発、脱核の時代をテーマに掲げた「NO NUKES ONE
LOVEいのちの祭り」という約8000人が集まった野外ギャザリングが八ヶ岳の麓で
ありました。当時20代のぼくは、これに参加して人生が変わったと言っても過言
ではありません。このときに流石にタイマーズは来ませんでしたが、このタイマー
ズのレコーディングに参加した元村八分の山口富士夫さんや上々颱風、喜多郎、
喜納昌吉さんたちのコンサートが連日のようにありました。このなかでカルメン・
マキがこの清志郎のサマータイム・ブルースを歌って大いに盛り上がりました。
そして野外ステージで広瀬隆さんのトークも行われ、みな真剣に聞いていました。
この直前に司会をしていたポンさん(山田塊也)が、「たったいま入ったニュース
によると、九州の玄海原発で事故が起き原子炉がメルトダウンを起こした!そこか
ら出た放射能の雲が数時間後にここまでやってくる!」というジョークを言って、
みな真っ青になりました。その時、何人かの子どもたちが泣き出して、後でポンさ
んがあやまっていたことも思い出します。
この時はジョークで済んだのですが、、、。
でも最終日の8月8日8時8分8秒に全員で祈りを捧げ、アメリカン・インディアン・
ムーブメントの指導者のデニス・バンクスやインディアンの映画俳優でもおなじみ
のフロイド・ウェスターマン、ホピの予言のメッセンジャー、トーマス・バンヤッ
ケさんたちも駆けつけて母なる大地のメッセージを伝え、共に核のない未来に向け
て祈ってくれました。
こんな商業的ではない草の根の地球家族のお祭りを言い出して、ナミさん(南正人)
たちと中心となって開催したその一人が、ミュージシャンでもあり、知る人ぞ知る
内田ボブさんです。
ボブさんもこの時に「おお チェルノブイリ」という歌を歌いましたが、当時この歌
を日本各地の原発現地、六ヶ所村などを歌い巡り、人々を勇気づけたと聞きます。
この歌は、ボブさんが今も住む長野県の大鹿村に入った、丁度その日に起きたチェ
ルノブイリ原発事故について歌ったものです。
この事故から20年となる2006年の4月26日に、東京でNO NUKES ONE LOVEコン
サートを一緒に開催しました。その少し前に東京アースデーのメインステージのト
リでもこの歌を歌いました。丁度、六ヶ所村の核燃料再処理工場でアクティブ試験
が行われる予定の頃でした。その後、祝島にも訪れ、ハワイから来たホクレア号に
も「ヤポネシア フリーウエイ」という太平洋の非核・非戦を願ってつくったCDを
贈り、そして2008年に「おお チェルノブイリ」を再録音したCD「いのちの道の上」
を、六ヶ所村や上関、各地の原発現地でがんばる人たちへの応援歌として作りました。
この度の大震災と、そして、いままで恐れてはいたけれど、でも決して現実になっ
て欲しくない、こんな原発大事故が現実となった今、あらためてこの歌を聴いて、
心に深く響くものがあります。
それでCDに付属で付けたDVDのアースデイ東京クロージングライブより、「おお
チェルノブイリ」を抜粋して動画にしました。
いま!一人でも多くの人に聴いていただきたいと思っています。
ALL OUR RELATIONS !
ハル・スロータートル 拝
*YAPONESIA FREEWAYというレーベルを内田ボブさんたちと作り、CD制作と
ともに、ぼくらの住む日本列島ヤポネシア、太平洋、アジア、母なる地球の、非核
・非戦・平和を願い活動をはじめました。そのCD「いのちの道の上」に収録され
ている「おお チェルノブイリ」の歌は、いま!だからこそ、たくさんの人の心に響
く歌であると思います。
(CD「いのちの道の上」付録DVD) 2006年4月23日アースデイ東京クロー
ジングライブより、以下、内田ボブ「おお チェルノブイリ」を抜粋した動画です。
このために駆けつけたメンバーには、NO NUKES ONE LOVE 88いのちの祭りにも
出演したチナキャッツのオハルさん、ハッツァン、東京ワーロックスのケンちゃん、
いまも大間や上関にも駆けつける吉田ケンゴ、原発、戦争にNO!を叫び続ける天空
オーケストラのレインボウ・チーフ岡野弘幹、飛び入りで同じく天空オーケストラの
一員で、祝島、上関にも飛んでいくノブトウマサザネの、夢のヤポネシアン・トライ
ブ・バンドです。
20分を超える長い曲ですが、どうぞ!お聴きください。
”おお、死の時代~だけど 俺たちの時代!だから”

http://www.youtube.com/watch?v=vJ1a9bSnGfM
______________________________________________________________________
・・・ぼくらはまっしぐらに各自の内面深く降りてゆこう。
ゲームの内にただ空回りしてゆくだけの愚かな状態は、ぼくらの誰からも消え去
ってしまうだろう。人類は生き残るべき道を、ひとりひとりの自己は無限の自己
への道を見いだすだろう。部族社会は、まさに夜明けの太陽のごとく、全地上に
あまねく光を投げかける。国家社会の下に息絶え絶えに生活している他の人類に
対し、幾度も幾度もぼくらの内面の呼吸を、大地の呼吸、魂の呼吸を取り戻させ
るべく。「大地に帰れ!」と、そして「自らの内に大地の呼吸を取り戻せ!」と。
「部族宣言」(抜粋)ナーガ(長沢哲夫)
『部族』新聞第一号(1967年12月発行) より
日本にも、かつて『部族」という生き方を選択した若者たちがいた。
イベントだけではない、生き方として日々「アースデイ」を生きてきた。
そんな生き方から、オーガニックフード、ディープエコロジー、脱原発や反核、
平和へのムーブメントに今も影響を与え続けている。
チェルノブイリ原発事故から20年が来る2006年4月23日アースデイ東京。
そんなアースデイの源流でもある「部族」の、ゲイリー・スナイダーの盟友にし
て20世紀の生き証人である詩人ナナオ サカキ、ナーガこと長沢哲夫、百姓シ
ンガー内田ボブ・・・、
このチェルノブイリから20年目の地球の日に集まった20才前後の若者たちに
スピリットをつなぐべく、ヤポネシア部族長老会議がステージの上で行われた。
詩と歌と、そして 大いなる祈りと共に! 

NO NUKES ONE LOVE !

delete

まだ間にあうのなら、ホピからのメッセージ

映画「ホピの予言」が完成したのは奇しくもチェルノブイリ事故と同じ1986年の
ことでした。この映画のなかでホピ族の最後のメッセンジャー、トーマス・バニ
ヤッカ氏が伝える、近い未来に起きるであろう、核も含めた大浄化の日の出来事
は当時チェルノブイリ事故の直後というタイミングもあって、それを見た多くの
人々に重く受け止められました 。しかし、この世界を覆う文明のパラダイムが、
物質主義的なものから、かつてのように大地と共に生きる精神的なものに戻るこ
とが出来るのであれば、その起こる浄化の規模は小さなものとなり、我々は未来
に再びいのちを繋いでいけるのだ、というそんな希望も同時に伝えてくれ
ました。
この映画が、有機農業を実践する人たちや、それらを扱う八百屋をはじめていた
ような、そして核兵器はもちろん、スリーマイル島やチェルノブイリ事故により
多くの放射能汚染や被曝を生み出した原子力発電所のあり方に疑問を唱える、
そんないのちを尊ぶ生き方を模索する人たちにより各地で自主上映の輪が広がっ
ていきました。
1988年、このホピのメッセージで多くの気づきを得た私たちの元に、ホピのトー
マス・バニヤッカ氏はじめアメリカン・インディアン・ムーヴメントのリーダー、
デニス・バンクス氏が各部族のたくさんのインディアンを率い、「大地といのち
を祈るランニング」のため来日しました。そして8月6日広島を出発して各地の原
子力発電所や当時は建設途中の青森県六ヶ所村の核再処理工場、北海道の核廃棄
物処分場予定地、幌延まで私たちの住むこの島を駆け抜けていきました。
同じ年の夏、NO NUKES ! ONE LOVEいのちの祭りが八ヶ岳で開かれ、ここに
もトーマス翁、デニスたちが来てくれて母なる大地といのちのためのメッセージ
を伝えてくれました。この時のことは今も鮮明に思い出します。
そして「まだ間にあうのなら」という一筋の希望を込めた合い言葉とともに、私
たちも共に、原子力エネルギーに象徴される現代文明から、インディアンの人た
ちを見習って、母なる自然とつながりなおし、全てのいのちとの共生を願う、古
くて新しい生き方を選びはじめたのでした。
1990年、「大地といのちを祈るランニング」SACRED RUNが今度はヨーロッパ
を走ることになり、映画「ホピの予言」の縁で大阪にSACRED RUN事務局が生
まれました。その一環としてランの直前、ラコタ族のメディスンマンで長老のロ
バート・スティード氏が日本にやってきて各地で集いや儀式を行いました。その
時に残した「平和へのメッセージ」という小冊子があります。その中でいくつか
の予言のような話の中に、いつか、そう遠くない未来に原発があるどこかの地で
地震が起き、それが原発事故の連鎖反応を引き起こし極東へと広がり、破局が始
まるだろう、と語りました 。それを起こさないために、より多くの人々が目覚め
、つながり、平和を願い、そのような集いをたくさん持ち、生き方をかえていか
なければならない、そしていつも世界平和のために祈り続けなければならない、と。
また’91年には青森県で開かれた国際ウランフォーラムにもトーマス・バニヤッカ
氏は幾人かのインディアンの長老と共に参加して、かつてホピの長老たちより授
けられたメッセンジャーの使命を果たしてくれました。
母なる大地と再びバランスのとれた精神的な生き方を取り戻さなければなりませ
ん。大地を傷つけ、ウランをはじめ自然界から奪い消費する文明を続ける限り、
母なる自然はバランスを取り戻そうと、大浄化とよばれる大地震や津波、大きな
ハリケーンなどが地球上を襲い、核による戦争や事故が起きて人類の多くはこの
地球上で住むことが困難になるだろう、と。
ホピの国の中にはアメリカ的な物質文明を拒否して伝統的な生き方を貫く人々が
移り住んだホテヴィラという特別の村があります。その村をつくる時に、伝統的
な指導者たちが祈りとともに霊的に定めた、ホピと世界を守る精神的な要となる
秘密の聖所があると聞きます。
1995年、その村に伝統的な指導者たちの反対を押し切ってアメリカ合衆国が部族
政府を使って水道を通す工事を強行したのです。その同じ日に日本で阪神淡路大
震災が起きたのだ、という話を直後にホピの伝統的な長老マーティン・ゲスリス
ウマは語りました。
その同じ年の3月、映画「ホピの予言」をつくった宮田雪監督は病で倒れました。
チェルノブイリ原発事故、そして「ホピの予言」完成から四半世紀となる2011年
の今年、宮田さんは長年の闘病生活の末、2月14日にスピリットの世界へ還って
いきました。
偶然、その同じ日にカリフォルニアを出発したデニス・バンクス氏をリーダーと
するインディアンたちの祈りのウォーク、The Longest Walk 3がちょうどホピ
の村に差し掛かった時、この東北関東大震災が起きたのだと、このウォークに
参加する純さんこと日本山妙法寺の安田行純法尼から少し前に電話がありました。
このLONGEST WALK 3には日本から、7generations walkの山田くんや、上関
原発予定地田ノ浦でがんばっている虹のカヤック隊の若い女性や、山口県庁前で
10日間ハンガーストライキをやった若者たちも参加していて、日本の現状を皆心
配し、祈っていると伝えてくれました。
そしていまウォークはニューメキシコ州のロスアラモスから一時間程のところに
いると。
このロスアラモスは、世界で初めて原子爆弾が研究実験されたところ。またこの
あたり一帯のニューメキシコ、アリゾナには、ここの大地から核爆弾や原発の燃
料となるウランが採掘され、それに従事した、インディアンの人たちの多くが被
曝し、また放置されたウラン残土がいまもここで昔から暮らす人々を苦しめてい
るのです。
そこで純さんはデニスに申し入れて、急遽このロスアラモスまでの祈りのウォー
クを翌日行うことになったと言ってくれました。
大地震と福島原発事故の一日も早い終息を含めて、核の無い世界のために歩いて
くれるのだと。
そして、LONGEST WALK を離れ、お寺のあるニューヨークまで戻り、州知事が
この事故によって州内にある福島第一と同型の原発を見直すと発言したことを受
け、急遽この原発までのウォークを行いたいとも伝えてくれました。
いまも渦中にあるこの大地震の被害の凄まじさと、福島原発での事故の推移を見
つめながら、こんな出来事が一連なりの中でいま心の中によみがえってきます。
この原発事故や大地震での状況は、決して想像したくはなかった、けれども心の
どこかでいつも心配していたことが、現実となってしまいました。
そして、もちろんこの一連の出来事は、多分に偶然ではあるでしょうが、少なく
ともぼく個人の人生においては、とても大きな意味のある、必然としか思えない
出来事となってしまいました。
もしも、まだ、間にあうのなら、
世界が終わる前に、
わたしたちの生き方を、 もう一度見つめ
母なる大地と
つながるすべてのいのちのために、
この偉大なる自然からのメッセージに耳を傾け、
フクシマで起きること、
このメッセージにも心の目を開き、
わたしたちにつながるすべてのいのちと、
つながる子供たちの未来のために
わたしたちの足下、
そこから踏み出す一歩一歩を、
もう一度見つめ直すこと
もしも、まだ、間にあうのなら、
世界が終わる前に、
MAY YOU ALL , WALK IN BEAUTY !
ALL OUR RELATIONS !
____________________________________
以下は、宮田雪監督のパートナーで、Land and Lifeを主催する辰巳玲子さん
から届いたホピからのメッセージの転載です。
ご縁のみなさまへ
北山耕平さんより長文ですがメール転送します
シュンゴパヴィ村の精神的指導者からのメッセージはほんとうに大きな意味がある
と思っています
玲子拝
2011年3月17日
ホピは日本と母なる地球のバランスを回復するための祈りへの参加を求める
ホピは今、バランスを失ったこの私たちの世界で危機に直面した、 日本の人々の
ために、そして世界の人々のために祈っている。
われわれはみな、いま母なる地球の大きな変化の時のなかにおり、 今起きている
ことはすでにわれわれのエルダーによって以前から予言されていた。われわれの
予言も、われわれの儀式も、地球のわれ われの聖なる大地が泣いていることを伝
えている。そしてわれわれの子供たちは、彼らの未来のためにホピがバランスを
回復してくれることを望んでいる。
われわれのエルダーたちは、この幾多の変化のなかをいかに通り抜けるかについ
て、導きを与えてくれていた。人類は今すべてのいのちが従うことになる細い道
を選びつつあり、われわれはいつかこの日が来ることを知っていた。
ホピとして、われわれは、あなたがわれわれの仲間に加わり、母なる地球とすべ
てのいのちのバランスをとるための祈りの輪に加わることを求める。われわれは、
たくさんの祈りをとおして多くの良きハートと共に祈ることで、われわれのエル
ダーたちが言っていたように、この間に起きた出来事の衝撃を軽減することが出
来ると信じている。
ダライラマや世界の人々と共に、日本と地球とすべてのいのちのために癒しを送
るための祈りに、われわれはホピとして加わる。この変化の時にあって、われわ
れは世界のすべての人々に、よりバランスのとれた生き方に戻ることを求める。
ホピは言う。われわれがこの変化の時を通り抜けていけるための道はあると。そ
れは、地球を敬い、そのすべてのいのちを敬い、母なる地球の上を優しく歩くこ
とだと。われわれのハートを未来に繋がるこの細い道の心とひとつにもう一度つ
なぎ直すことだと。
植物を庭で育て、そこに水を与えることで、聖なる命を敬い、われわれの子供た
ちの未来の世代のすべてのいのちのために、あなた方のハートを、みなの母なる
大地を讃えるホピのハートと繋ぎあわせよう。
カワク・ワ ロロマニ(ありがとう。未来に良きことが起こりますように)
リー・ウェイン・ロアマイェステワ
キクモングイ シュンゴパヴィ村チーフ
Lee Wayne Loamayestewa
Kikmongwi, Chief of Shungopavi Village