1・17 SONG OF THE EARTH

1月17日早朝、13年前に大地が大きく揺れた時刻5時46分にあわせて石屋川
公園に向かった。ここは2年前にもTURTLE TALKで書いた震災ボランティア団体の
神戸元気村があったところ。June君たちは昨夜のキャンドルナイトの後、伊丹の昆
陽池公園に向かい、そこでも行われるメモリアル式典の手伝いに参加し、徹夜でここ
に駆けつけてくれた。
3年前の震災10年の時はここにテントが張られ、元気村の元スタッフたちも集まっ
て周りに住む人たちも出てきてロウソクに火を灯したが、翌年からはここではこの日
何も行われていないようだ。
今年も誰もいない真っ暗な公園だったが、石屋川をはさんで対岸の御影公会堂のシル
エットや川を吹き下ろす冷たい六甲おろしに、当時ここに居た頃のことがまざまざと
思い出された。
公園の隣にあったボウリング場はサインの巨大なピンが今にも落ちそうになりながら
傾いたままで、周辺のたくさんの倒壊した家々には真新しい花や線香が供えてあった。
公園にはいくつものティピが立ち並び、全国からやってきたボランティアたちの宿泊
所になっていて、時折出張のお風呂屋さんや散髪屋さん、自転車のパンク修理屋さん
などもやってきた。ミュージシャンたちは毎日歌を歌い、天然酵母のパン屋の友達が
毎朝パンを配り、巨大な鍋では毎日何千人分の炊き出しを提供した。
もう今はボウリング場も無く、周りの家もきれいになり、公園は元の姿に戻ってひっ
そりとしているが、場の記憶とでも言うのかな、この日この場所に立っているとそん
な大勢のボランティアたちの喧噪や炊き出しの匂い、焚き火の匂いが甦ってくるよう
だった。
この日は夜に降っていた雨が時折雪に変わり、吹き下ろす風がすごく冷たい朝となった。
風を避けるため、少し段差のある下の場所をJune君が選び、セージを焚いてキャンド
ルを並べ一つ一つに火をつける。時折強く吹き付ける風がせっかく灯った火を吹き消
すので、みんなで小さく輪になって一人一人がキャンドルを手で囲み、灯った火を守
った。

この場所はまさしく元気村の本部テントが建っていたところ。そして元気村が公園隣
りの建物に移動してまだ活動していた2000年当時に、東京から広島、長崎目指し
PEACE WALKで訪れた時に、その運んできた広島原爆の残り火を置いて皆で大きな
輪を作ったところだった、ということも思い出した。
080117_0531~0002.jpg
そんな事を思いながら、火を囲んで肩を寄せ合っていると、隣にいた青年YAS君が当
時の事を聴いてきた。いろいろ話していると、彼は今回新潟からやってきた、と言う。
聞くと、3年前に起きた中越地震で家が全壊したんだと。幸い彼の家族はだいじょう
ぶだったと言うが、以後地元川口町で毎年追悼イベントに関わっている。そこで毎年
キャンドルを灯しているJune君と出会い、一緒に追悼イベントを企画しながら、これ
からは一歩進めて、地域の人や若い人がたくさん集える未来へのフェスティバルにし
ようと、いまはその実行委員会の代表となって頑張っているんだと。
その名も” SONG OF THE EARTH ” !
まさしく地震は、大地、地球からの声、メッセージであり、歌なんだ、って、この言
葉を聞いてそう感じた。
080117c.jpg
そうする内に、June君と一緒に東京から来た、ネパール人シンガーのbobinがギター
を持って歌いだした。
彼も祈りの深い人で、いつもJune君からもらった大きなキャンドルをデイパックに背
負って、行く先々ツアーの度にステージに置いて歌い灯す旅を続けている。
今年のキャンドルを灯す歌い始めを、ぜひ神戸から、と、そのために来てくれた。
手が凍るような寒い風が吹くなかで、ゆっくりと30分あまり、祈りの歌を歌ってく
れた。
080117a.jpg
080117d.jpg
最後に、彼の名曲SLOW BURNINGを時折みんなで声を合わせ、今年もその時を過ご
す事ができた。
June君ファミリーありがとう! YAS君ありがとう! bobinありがとう!
あの公園にいたのはボクたちだけだったけど、灯した火の周りにはやさしい気配がい
っぱいだった。
13年ぶりに歌が還ってきた石屋川公園1・17。
SONG OF THE EARTH !

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください