地球Bへ旅立ったナナオを見送る一日

090214_1210~0001.jpg
“若い私は心乱れ” 
若い私は 心乱れ
愚かな森に 踏み入った
ひもじい精神
お情けの乾いた飯に かじりつき
たまには 小石も喰った
          ざんげのつもり
時には 虚空自身に かみついた
また からから喉にいかれては
氷河の青に 手を結び
或いは 泉の香にむせた
時には 友愛の流れに 喉を鳴らし
ある時は 天使たちの微笑に酔った
また 魂凍る 真冬
一枚の木綿の晴着
折おりは くすぶる心に 火をつけた
知識と知恵が道づれ
十もの善を 行い 清め
心を正しく 置き直し
認識の根の深さを測り
自覚の底へ もぐった
      
          私はヨギ
信仰のたてがみ 揺さぶる ライオン
氷河のテッペンから
私は詩を述べる
        実り ありますよう
I am the Yogin.
人間の王なる 虎
霊のうちに 輝き
豊かに 知恵に ほほえみ
人々の幸福に 熟しながら
光明の森 深く 座る
          私はヨギ
人間の鷲
翼を ヨガの炎に 張り広げ
翼を ヨガ荘厳に うち鳴らし
唯一の虚空を 天駆ける
I, the Yogin, am the holy one of men.
私は ミラ レパ
ふりむくことなく 進むもの
私は 宿なし
なにごとも 気にせず
なにごとも 見逃さぬ
        
         私は 乞食
         まるはだか
         無一文
生活とは 関係ない
ここに 住みつく 謂われもない
私は 心勇む 沈黙に 静座に
私は 惜まない 命を
私は 恐れない 死を
私は 棄てる 一切を
だが 君たちは
或るいは 重荷を背に よろめこう
          I am the Yogin.
どんなことにも 忠告しよう
どうぞ 魂を尊く保ち
正しい施しをするよう
そして この世では
自由で 健康で 幸福で
静かに 長生きするよう
          いずれ あの世で
道のため
また 生けるすべてのため
共に 力を 合わせよう
          1965・6
          京都
ミラ レパ ー12世紀 チベットより
訳 ナナオサカキ 
090214_1211~0001.jpg
昨年末旅立ったナナオ。その晩年を過ごした、南アルプス大鹿村の内田ボブさんのとこ
ろで2月9日、四十九日のセレモニーが行われた。行けなかったけど、遠くからも何人か
、また近くに住む仲間が来て、皆で”智慧を尊ぶお経”を上げ、いい感じで終わったよ!
とボブさんから電話で聞いた。
それぞれ、縁ある地球Aのどこか、これからしばらくはナナオの祭りが続きそうです。
先ずは東京2月15日
ev_090215_nanao.jpg.300px.png
ナナオ 四十九日 @国分寺カフェスロー
地球Bへ旅立ったナナオを見送る一日です。
ナナオの四十九日を節目として、大鹿村からナナオのお骨を祭壇に迎えて、私たちなり
のナナオを送る場を持ちたいと思います。正確には四十九日から一週間後になりますが、
いっしょに花を捧げ、想い出を語り、写真を飾って、ナナオの旅立ちを祝いたいのです。
ナナオとご縁のあった方々、ナナオへの想いを持った若い仲間、
みなさんに集っていただきたいです。
そしてなによりも、
ナナオと共にあったそれぞれの時にありがとうを。
呼びかけ人一同
—————————————————————-
「ナナオ 四十九日」@ 国分寺カフェスロー
—————————————————————-
■日時:2009年2月15日(日)午後2時から7時まで
■場所:カフェスロー(国分寺駅南口徒歩5分)
■参加費:無料/誰でも参加できます。
     寸志、献花等について歓迎いたします。
*ナナオの写真をプリントしてご持参ください。
 数え切れないナナオの笑顔と姿を、みんなで会場に貼りましょう!
*言葉やデザインを紙で持ち寄り、会場に貼りましょう。
 ナナオにとって、活字もまた大切な表現でした。好きなナナオの作品や、
 捧げる詩、言葉を、手書きでもプリントでもデザインでも。
*当日をスタートに、10日間程度のナナオゆかりの展示を計画中です。
 貼りだした写真や詩などは、そのままご提供いただければ感謝です。
—————————————————————-
ヒッピー、カウンターカルチャー、オルタナティブからスロームーヴメントへと85年
間地球を歩き、野性から時代に<詩>というベクトルをかけ続けたヤポネシアの旅人
サカキ・ナナオ。12月23日の訃報から2009年の始まりをナナオの魂と、その愛と光
と共に過ごされた友たちへの場づくりです。
内田ボブとあらためて東京での場づくりを考えはじめました。辻信一さんの発案が会
場のカフェスローに導いてくれました。星川淳さんが場づくりの意味を後押ししてく
れました。ひのこバンドのマスターは「カササギの歌」を歌うと約束してくれました。
70年代にゲーリーの詩からナナオが育てた「カササギの歌」を、ひのこバンドが歌い
継いできたように、それぞれにナナオからもらったものをシェアし、受け取ったメッ
セージを深め、明日へ、次代へと、生き継いでいく地球時代への歩みとしたいのです。
ナナオの魂の安らぎを祈りつつ…。
ぜんぶになったナナオに手を合わせ、集えることを願っています。
※詳細な情報については以下のサイトをご参照ください
ナナオサカキ追悼 http://amanakuni.net/nanao/
カフェスロー   http://www.cafeslow.com
アースガーデン  http://www.earth-garden.jp/
________________________________________
そして京都
3月1日 京都・ナナオ サカキの旅立ちを祝う会
—————————————————————-
年末の12月23日に旅立ったナナオを、ともに祝いましょう
それぞれにナナオからもらったものをシェアし、受け取ったメッセージを深め、明日へ、
次代へと、生き継いでいく歩みとしたいです・・・・・友人有志一同
日時:3月1日(日)10時から17時
場所:わく星学校(京都市左京区岩倉長谷町745 電話 075-702-7338)
参加費:無料-カンパ、献花等は歓迎です。
○ボードを用意します―写真や詩、文章、絵などを持ち寄り、にぎやかに飾りましょう。
○ステージを設けます―ナナオの詩や自作の詩 文章を朗読しましょう。楽器を持ちよ
って、アコースティックで歌や演奏をしましょう。(大村カズ参加予定)
○プロジェクターを用意します―ナナオの映像をお持ちの方はご連絡下さい。
○ 食事や飲み物を持ち寄りましょう―昼食はカンパ制で、お芋汁、おにぎり等を予定し
ています。
○ 駐車場はありません―歩きましょう ナナオのように!
_詳しいことは以下のHPにのせる予定です。
わく星学校 http://www2.gol.com/users/kosa/index.html
________________________________________
ナナオサカキのホームページ (みんなの思い出や写真、ナナオの言葉なんかが集まっ
てきて、すごくいい感じです!)http://amanakuni.net/nanao/

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください