〜春風めぐる〜 内田ボブ&ナーガ(長沢哲夫) 詩と歌の夕べ

harukaze-thumb-300x427.jpeg
南太平洋ミクロネシアへの旅を終えたばかりの内田ボブが、詩人ナーガ(長沢哲
夫)と共に春風に乗って、また今年も日本列島ヤポネシアをめぐります。
環太平洋、アジア、非核、非戦・・・、
メッセージも新たに、伝説のボブさん、再び!
NO NUKES , ONE LOVE !ヤポネシア!
ALL OUR RELATIONS !
ハル・スロータートル
*春風めぐる2010ツアー(4/9〜4/25)
http://amanakuni.net/bob/live2010.html
_____________________________________
4月14日☆〜春風めぐる〜 内田ボブ&ナーガ(長沢哲夫) 詩と歌の夕べ 
2007年に、ハワイから星と波と風だけで日本にやってきた伝統航海カヌー、ホク
レア号が、祝島の伝統儀式・神舞の船で迎えられた模様を紹介する「祝星・ホク
レア号、祝島へ」の上映も行います!
LOTUSROOTS Solar LIVE Vol. 16
An Evening of
POETRY & MUSIC
“ つま先だちで風の花びらを歩く
  風と暮らそう
  土と暮らそう
  海と暮らそう
  輪になって
  小さな輪になって
  地球の輪になって ”
〜春風めぐる〜
内田ボブ&ナーガ(長沢哲夫) 詩と歌の夕べ
今年もやります! 
はるか南西諸島、トカラ列島諏訪之瀬島に暮らす詩人ナーガと、先頃ミクロネシ
アへの旅を終えたばかりの、おなじみ南アルプス大鹿村の内田ボブの〜春風めぐ
る〜ジョイント・ライブ。詩と歌と音楽が織りなす春の夕べ。さあ、今年はどんな
次元の扉が開くやら!?
内田ボブ&ナーガ(長沢哲夫) 詩と歌のライブ@LOTUSROOTS
日時:2010年4月14日(水) 19:30 OPEN, 20:00 START
料金:予約2500円 当日3000円 (with 1drink)
http://www.lotusroots.org/
お問い合わせ・ご予約は、ロータスルーツまで。 
 電話06ー6131ー1553 または info@lotusroots.org ※月・火定休日
★プロフィール★
ナーガ(長沢哲夫):
詩人。’60年代、新宿ビートニクス「バム・アカデミー」、コミューン運動「部族」
の中心人物として、ゲーリー・スナイダー、ナナオサカキ、山尾三省らと出会う。
その後、諏訪之瀬島にコミューンを作り、定住。
以後、トビウオ漁師、百姓、詩人として生活し現在に至る。詩集「つまづく地球」
「一秒の死を歩く」「そして潮が引き」「水をつなぐ」他。 http://members.jcom.home.ne.jp/splashwords/top.htm

内田ボブ:
百姓シンガー。15で家を出て転々・・。「部族」に出会い、コミューンを転々・・。
西表島にて水牛百姓10年。現在は南アルプス大鹿村にて畑を耕し、脱核文明を祈り、
時折里に下りては歌い歩く。
バルナギータとしてナーガの詩に曲をつけたCD「つなぎあわされた虹の輪を」他、
ソロCD「Rolling Dragon」「泥あしのままで」「ヤポネシア・フリーウェイ」
「いのちの道の上」など。
http://amanakuni.net/bob/top.html
*************************************
地球が帰ってくる (by 長沢哲夫)
ぼくの中に地球が帰ってくる
ぼくは闇の中で青い太陽を見る
顔にきざまれた海が笑う
家々のねじまげられた朝をすりぬけ
失われた鳥たちが歌っている
ぼくはこのつかの間を愛する
自分自身の闇の 氷りついた朝の 足音のない街々の
めらめらと歌う春のこのつかの間を
めらめらと歌う花たちがぼくの心に咲いている
鯨たちが笑う塩の朝
ぐしゃぐしゃと月が上がり
ぼくの中に地球が帰ってくる
_________________________________
大地に還ろう!
今から40年余りも前の1960年代後半、日本で「部族」というムーブメントが始ま
ったのを知っていますか?
いろんな定義はあるだろうけれど、工業・機械化、あるいは中央集権化された社
会や人間関係の中でふと立ち止まり、本来、縄文人をはじめアメリカ・インディ
アンや全ての先住民たちが生きていたであろう、大地の力、自然や天の恵みを感
じ感謝する生き方を取り戻そう!と、熱い思いをもった若者達が、現代社会を離
れ、各地の山や海辺に移住し、共同体(コミューン)を築いていったムーブメント
です。
この中で、ひときわ個性的なメッセージを発信していたのがナーガ、また
LOTUSROOTSの本棚でおなじみの山尾三省、ナナオサカキ、当時日本に住んで
いたゲイリー・スナイダー、そして内田ボブたち。まだ「エコ」や「ロハス」なん
て言葉のない頃から、日本各地の山や島に入って、畑で野菜を、田で米を育て、
山で薪を、海で魚を捕り、子供達に鳥や虫や魚や動物たちと調和に生きる視点を
教えながら、そんな「もう一つの暮らし」を実践してきた人たちは、今や有機農
業やフリースクール、DIYな大工さんや自然派アーティスト、そして何より未来を
見据えた生き方の先駆者として、21世紀の今、大いに注目されています。
そんなナーガがつむぐポエトリーの数々、それを歌う内田ボブ。彼らは同時に、
今の社会をするどい視点から見つめ、今だからこそ必要なこと、未来のための指
針となるメッセージを、優しくまたストレートに伝えてくれます。
社会がどう変わろうと、混乱しようと、大切なものを見失わずに、足をしっかり
と地につけて、いのちの道の上を歩んでいくこと… 彼らのポエトリーや歌がそ
の手がかりになるかもしれません。
HARUKAZE01.jpg
昨年に続いて、今年も〜春風めぐる〜2010ツアーTシャツ(笑)つくりました!
デザインはフライヤーも作ってくれた友達のWOOKIEで、それをボクが少し
ヤポネシアン・カヌーにアレンジしました!
ツアー会場で見かけましたら、ぜひ!どうぞ!!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です