【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』

少し前になりますが、大阪であった4・9緊急大阪集会にて京都大学原子炉実験所
の今中哲二先生の話を聞いてきました。
今中先生はチェルノブイリにも行かれ放射能測定を行っています。その研究を踏ま
え、今回もいち早く福島県の飯館村に入り、詳細な放射能測定を行ったそうです。
飯館村は原発から25km〜45kmにありますが、他の地域に比べて汚染の大きいホッ
トスポットとなっていました。それにもかかわらず、この講演時にはまだ飯館村は
避難地区にはなっておらず住民が住み続けていました。
そのため、その詳細な測定結果を踏まえ、村自ら、せめて妊婦と乳幼児の避難を村
の予算で行うと決議をする予定である、との報告もありました。
結果的に政府も避難地区と指定し、住民全員は避難せざるをえないことになりまし
たが、それまでにIAEAやいくつかの脱原発グループからの避難勧告を断り、高レベ
ルの汚染地域で住民は暮らさざるを得なかったことは、今後も問題が残るでしょう。
さて、そんな京大原子炉実験所の先生方は、いまマスコミに出る多くの御用学者や
御用知識人とは一線を画す、本当に信頼を置ける数少ない原子力の研究者であると
思います。
今中先生の同僚で、ご存知の方も多い小出裕章先生もその一人で、僕も何回かお話
を聞いたことがあります。
そんな小出先生を、上関原発予定地の近くの柳井市に呼んで講演会を行った、地元
山口で頑張る仲間たちから、その時のyou tube動画が届きました。
上関原発予定地田浦現地に駐在している友人のジャーナリストが編集したものです。
元々、今回の福島の事故が起きる前に企画していたものですが、今回の事故を受け
て非常に参考になる内容となっています。
ましてやフクシマがチェルノブイリと同じレベル7になってからは、この講演で報
告するチェルノブイリ事故の脅威がよりリアルに思えます。
少し長いですが、すごく分かりやすく話してくれていますので、ぜひ一度ご覧くだ
さい!
フクシマの事故以来、時々はテレビ等にも出演もしている小出先生ですが、その殆
どはyou tubeにその時々のインタビューがアップされています。
その多くを見ると、残念ながら政府や東電が結果後になって追認する事実の多くが、
既に小出先生が予測していた事態であったりと、本当に愕然とさせられます。
しかし、少なくとも根拠のない安心感や安全性、また、そう思いたい自分たちの今の
心理状態に惑わされるよりは、今、そしてこれからも先ずは”現実”に向き合うこと。
そして、そのなかから”真実”をしっかりと見つめていくことから、これからの未来へ
の”希望”をそこに見いだしていきたいと思います。
ぜひご覧ください!
NO NUKES ONE LOVE !
【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』

http://www.youtube.com/watch?v=4gFxKiOGSDk
(参考)
なぜ警告を続けるのか 京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち

http://www.youtube.com/watch?v=DiNYWN5j07Y

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です